朝立ちしない 原因 改善策

年齢を重ねるごとに減っていく気がする朝立ちの回数・・・その原因は何なのか?

落ち込み

 

若い頃は、朝起きる度に「隠すのが大変だ!」と言えるほど凄かった「朝立ち・・・」

 

しかし、年齢を重ねるごとに、その頻度が減っていき、ここ最近は、「朝立ちした」という記憶が無い!方も大勢いるのではないでしょうか?

 

 

 

 

初めまして!

 

九州の方で、建設関係の仕事をしている”モリタ”と申します!

 

落ち込み

 

現在、41歳になりまして、ホンの一年ほど前にはEDになりました。

 

 

 

「最近、全く朝立ちすることが無くなってきたな・・・」

 

 

 

最初は、ふとそんな疑問がよぎるくらい・・・だったのですが、そう感じだして間もなくすると、夜の方も挿入前に萎えてしまったり、中折れなどが頻繁になってきたので、病院に行ったところ、EDとの診断を受けました。

 

まぁ、年齢も年齢ですから、年相応の報いだと思っていたのですが、やはり、若いころと比べると異常に疲れもたまりやすくなってきて、仕事に支障が出てきそうだったので、これは何とか改善したい!と強く思うようになりました。

 

 

 

 

実は、色々と調べるうちに分かってきたのですが、「朝立ちしない!」というのは、一つの不健康なバロメーターであり、EDになる原因も、普段の生活習慣などが密接に関わっていることが分かりました。

 

私の場合は、EDにまでなったので、その危機に気が付きましたが、ずっと朝立ちしない原因も理解せず、放っておくと、重大な病気に発展することもあるのです。

 

 

 

私は、病院では、喫煙の習慣や、食事の見直しなどを強く勧められたのですが、更に自分でも勉強していく内に、最も強力なED解決方法を見つけることが出来たので、今回ご紹介させて頂こうかと思います。

 

最近、朝立ちしないな!EDかも?と不安を感じるようになってきた方はご参考にしてみて下さい。

まずは、勃起のメカニズムと、なぜ?朝立ちが健康のバロメーターと評されるか?を押さえよう。

まず、最初にですが、朝立ちしなくなる原因をご紹介する前に、勃起のメカニズム、朝立ちはなぜ?起きるのか?という所から押さえて頂こうかと思います。

 

これらを押さえることにより、より、朝立ちしないと不味い理由や、改善する必要がある重要さをより強く理解してもらえると思います。

 

では、早速、勃起のメカニズムから見ていきましょう。

 

 

勃起のメカニズムとは?

まず、勃起をするためには、性的な刺激を感受する「脳」と、脳で受けた刺激を伝達する「神経」、更に、ペニスの中の海綿体を膨らませるための「血管、血液」、勃起状態を維持させようとするペニスの四つの器官の正常な働きが必要とされます。

 

まず、性的な刺激により、大脳が刺激され、興奮します。

 

その興奮は脊髄を通って、中枢神経に伝わり、ペニスの神経にまで届きます。

 

すると、海綿体の中で「一酸化窒素」が放出されるようになり、血管や筋肉に作用して、「サイリックGMP」という物質を増やします。

 

 

次に、サイリックGMPというものが増えると、海綿体の筋肉が緩むので血管が広がり、血液が大量に流れ込むようになります。

 

すると、海綿体で形成されているペニスは、押し寄せられた血液によって大きく膨らむようになります。

 

これが、所謂勃起の状態ですが、後はこれを維持するために海綿体の静脈が圧迫されて塞がることで、勃起を維持することが出来るようになります。

 

ヘルスケア大学、勃起の仕組み参考〜

 

読んで頂けたでしょうか?

 

上記の説明の通り、勃起をするには、正常な刺激を受け取る「脳」と、その刺激を伝える「神経」、また、ペニスに血液を送るための「綺麗な血管、サラサラな血液」、勃起を維持するための正常な「ペニス」の四つの器官が重要なのです。

 

ですから、朝立ちが上手くいかない原因は、この四つの器官の内、どれか一つ、あるいは複数に問題があると言えるのです。

 

 

朝立ちはなぜ起こるのか?

朝立ちとは、夜間陰茎勃起現象と呼ばれる性的興奮、自意識とは関係の無い状態でペニスが夜寝ている間に勃起する状態が、朝目覚めたときにも続いている状況のことを指します。

 

睡眠には、周期的に起こる「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、夜立ちはレム睡眠の時に起きる「勃起力のメンテナンス作業」や「ストレス解消作業」と言われています。

 

レム睡眠は、一晩に約90サイクルで約4回訪れ、夜立ちは最長で2時間ほど維持され、人が目覚めるのは浅い眠りのレム睡眠の時が多いため、これが朝まで維持されると朝立ちになるのです。

 

要は、朝立ちというのは、レム睡眠時の勃起状況で目が覚めたことになります。

 

朝立ちは、勃起不全の判定にも役立ち、心因性のEDであれば、就寝中の勃起は正常に起こる可能性もあります。

 

ウィキペディア参考〜

 

さて、見て頂くと分かるように、朝立ちは、夜間に起きるレム睡眠状態での夜立ちが、朝まで継続したことによって引き起こされるものだと分かりました。

 

しかも、「性的興奮、自意識とは関係の無い状態で」です。

 

つまり、朝立ちしないということは、うまく夜間陰茎勃起現象という生理機能が働いていないか、たまたま朝目覚めたタイミングが勃起していなかったのか?のどちらかになります。

 

後者の場合は、夜にはしっかりと勃起しているので、問題はないでしょう。

 

しかし、前者の場合はどうでしょうか?

 

勃起のメカニズムで説明した中の、神経系の問題や、血液、血管の問題、はたまた、性器自体の問題などが考えられるのです。

 

 

 

中でも一番多い原因が、血液、血管の問題です。

 

血液が汚れている人で、最も影響が出るのが、毛細血管です。

 

毛細血管は、血管が細いため、血液がドロドロになると、すぐに不調が表れてくるんですね。

 

要は、朝立ちしない人というのは、食生活の乱れ、日頃の仕事のストレス、疲労などから、血液がドロドロになって循環が上手く回らなくなり、結果的にペニスの中の海綿体に張り巡らされている毛細血管にまで血液が行き届かない人のことなのです。

 

これらの問題は、単にEDになりやすくなったりだとか、疲れがとれにくくなるというだけでなく、脳こうそく、心臓病、動脈硬化といった、恐ろしい病気にも発展しかねません!

 

だから、朝立ちしない!ということは真剣に問題を見つめ、改善を図る必要があるのです。

 

 

 

朝立ちが、健康を図るバロメーターだということは分かってもらえましたね?

 

まずは、夜立ちがしっかりしているか?状態をチェックする。

さて、朝立ちの大切さがわかったところで、次に大事なのは”夜立ち”がしっかりとなされているかどうか?をチェックすることです。

 

先ほども言ったように、朝立ちは、レム睡眠時の勃起が朝まで継続されて、起きた際にタイミングが合わないと見ることはありません。

 

ですので、最近朝立ちがないと感じる方は、夜中にしっかりと勃起しているかどうか?を確認する必要があるのです。

 

 

朝立ちを確認する方法の一つに、ジェクスメーターと呼ばれるメジャーのようなモノがあります。

 


 

コチラは、夜中にメジャーをペニスに結び付けておき、勃起をすると、そのメモリが広がることで、勃起が起こったか?どうか?が判定できるようになっています。

 

例えば、円周4cmくらいのペニスだった人は、勃起すると8cmくらいになっていた!とかで、計測するってことですね。

 

 

 

 

あとは、切手を使った簡単な方法なども存在します。

 

これは、通常時のペニスに合わせてあらかじめ、繋がった切手を巻き付けておき、増大したら、切手の切り目がさけて、勃起したか分かるというものになります。

 

結構お手軽だし、簡単ではないでしょうか?

 

 

 

最初に紹介したジェクスメーターは1,000円ほどするので、少し高いと感じるかもしれませんが、何度も使用すると考えれば、ジェクスメーターを購入しておいた方が、私は良いと思います。

 

血液などは、食生活や疲れがたまると、すぐにドロドロになるため、夜立ちに状態として表れやすいからです。

 

今回だけでなく、月ごとに自分で夜間勃起の確認をして、定期的に自身の健康状態を検診してみては如何でしょうか?

 

 

夜立ちしていない状態ならば、下記の原因を疑うべし!

さて、ここまできて、やはり夜に正常に勃起していないようであれば、明らかに体のどこかに異常があることとなります。

 

この異常は、いくつか原因が挙げられるでしょうが、やはり、一番の問題は先ほども話した血液のドロドロ化が一番に上げられます。

 

では、その血液がドロドロになる原因は何なのでしょうか?

 

 

朝立ちしない原因その@食事が悪い

 

やはり、血液がドロドロになる原因となる、肉や油モノ、お菓子やジュースなどの甘いモノの頻繁な摂取は非常に悪影響を与えてしまいます。

 

まず、お菓子やジュースなどの甘いモノですが、普段は糖分としてエネルギーで使用されます。

 

しかし、エネルギーとして使われなかった糖分は肝臓で中性脂肪に変えられて、血液中の中性脂肪が増えてしまうのです。

 

中性脂肪が増えると、さらに、肝臓で上手く処理できず、「レムナント」という燃えカスのような物質が血液中に残るようになります。

 

これがまた、血小板が固まったり、 白血球が血管壁にくっつくきやすくなって、血液を流れにくくするのです。

 

 

 

また、お肉や油モノを摂取すると、血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなり、これまた血液のドロドロ化を促進させます。

 

やはり、お肉や油モノは避けるようにして、お魚や野菜を多めに摂る食生活に変える必要があるでしょう。

 

特に、生の青魚(イワシ、アジ、サンマ等)は血液をサラサラにするDHA,EPAを多く含むので、頻繁な摂取をおすすめします。

 

野菜もまた、コレステロールを下げる役割があり、また、コレステロールが血管壁にひっつくのを押さえる役割などがあります。

 

当たり前のようなことかもしれませんが、朝立ちしなくなる原因の一つに、お肉や油モノの取り過ぎは非常に大きく影響しています。

 

この記事を読むだけではなく、しっかりと意識して、減らすように心がけましょう。

 

 

 

朝立ちしない原因そのA喫煙、過度なアルコール

 

これまた、血液をドロドロにし、朝立ちしなくさせる最も大きな原因がタバコです。

 

タバコは、血管を収縮させ、血液を流れにくくさせる他、コレステロールを酸化させ、血管の弾力を失わせます

 

百害あって、一利なしとはまさにタバコのためにあるようなモノで、どんなに食事やサプリメントなどで改善を図ろうとしても、タバコを吸っているだけで、その全てが相殺されてしまうのです。

 

なんとED患者の8割が喫煙者というくらいですから、どれだけタバコが朝立ちに影響しているか、予想しやすいでしょう。

 

 

また、喫煙と同じく、問題なのが過度なアルコールです。

 

適度なアルコールは、血行を良くし、気分を爽快にする役割も持っているので、良いのですが、過度なアルコールの摂取は、水分を失わせ、血管を収縮させるので、血液をドロドロにします。

 

一番良くないのが、会社の飲み会などで、アルコールを摂取した後に、シメでラーメンやごはんなどを食べることです。

 

大量の糖分や脂肪分が吸収され、メタボになるだけでなく、血液がドロドロに濁ります。

 

喫煙に比べると、飲酒の方が体に負担がかかりにくそうに感じるかもしれませんが、それは本当にたまにの飲酒や適度な量を守って飲むことですので、もし、自分のお酒の飲み方に問題があると感じれば、すぐにでも飲み方を見直し、改善しましょう。

 

今は良くても、後々大きな後悔を生むことは間違いないのですから!

 

 

朝立ちしない原因そのB運動不足

 

やはり、食事の見直し、禁煙、禁酒と併せて絶対に必要なのが、運動です。

 

私も、建設業なので、若いころはかなり動いていましたが、この年になってきて運動する機会がほとんどなくなってくると、運動の大切さに気が付くようになりました。

 

もし、あなたが、普段運動をしていない人ならば、週三回、1時間〜2時間ほど、運動を始めてみて下さい!

 

圧倒的な変化を感じることが出来ます。

 

気分のリフレッシュにもなりますし、明らかに体が軽くなり、頭がさえるようになりますよ。

 

 

運動をしなくなると、体に溜まった脂肪や糖分が燃焼されないため、ドンドン血液中に溜まるようになります。

 

しかも、代謝機能が低下してくるため、体に溜まった老廃物の回収と排出も滞るようになるのです。

 

まずは、軽めでもいいので、一時間ほどのジョギングを!

 

それから、下半身を鍛えるスクワットなどを取り入れるようにすると、EDの兆候が見られる人には効果的です。

 

 

 

運動をする際も、いきなり飛ばし過ぎると、かえって体を壊してしまうことがありますので、必ず最初は、15分程度のストレッチ!

 

それから、少しずつ運動の量を増やしていってください。

 

最終的にちょっと息切れするぐらいの運動を45分ほど行うようにすると、最も脂肪を燃焼しやすくなり、効果的だそうです。

 

 

朝立ちしない原因そのC水分不足

 

何度か今までで話してきたので、想像がつくと思いますが、血液をサラサラにするには、水の摂取がとても重要です。

 

血液は、赤血球、白血球、血小板からなる細胞成分と、液体成分で構成されているため、水分量が足りていないと、すぐに液体成分が足りなくなって、血液がドロドロになるからです。

 

 

 

脳こうそくや心筋梗塞などは、血小板などが固まり、血栓になると、引き起こされるモノですが、水分を補給しておくと、三時間以内に血小板血栓が自然溶解し、血液の詰まりを押さえることが出来るそうです。

 

他にも、水分の頻繁な摂取は、体中の老廃物の排出にも役立ち、体中の毒素を無くしてくれるのです。

 

まぁ、人間の体の6割ほどを占めているのが水分なワケですから、新しい新鮮な水分を常に補給していくのは大事なことなのです。

 

 

 

では、一日に必要な水の量はどれくらいか?と言いますと、厚生労働省では健康のために必要な水の量は成人で2.5Lだとうたっています。

 

ただ、これにも諸説ありますが、水分を多く含む食べ物を摂る等でも変わってきますので、一概には言えないでしょう。

 

ただ、私の場合は、最低でも、500mlのペットボトルの水くらいは確実に飲むようにし、ジュースやアルコールなどで渇きをいやそうとするのだけは辞めました

 

添加物の入った水を辞め、純粋な水を頻繁に飲むようにする・・・これだけでも、随分と体調が変わってきますので、是非、試してみて下さい。

 

 

朝立ちしない原因そのD過度のストレス

 

さて、最後になりますが、朝立ちしない原因の一つに、過度のストレスがあります。

 

あなたも経験があると思いますが、緊張などをすると体が強張りますよね?それと一緒で、ストレスが溜まると、体が強張り、血管が収縮し、血液が流れにくくなるのです。

 

その結果、総コレステロール値が高くなったり、知らない間に変な汗をかいて、水分を奪い取ってしまいます。

 

これは今まで話をしてきたのと同様に、血液をドロドロにしてしまう結果となるのです。

 

 

 

また、あまりにもストレスをため込み過ぎると、うつのような状態になり、神経系の伝達も上手く働かないようになります。

 

勃起には、神経系の正常な働きが必要でしたね?

 

つまり、ストレス過多になり、神経がおかしくなってしまうと、EDになりやすくなってしまうのです。

 

実は、私もこのストレスによる勃起不全が大きな原因だったと思います。

 

建設関係の仕事は、意外と責任も重く、長時間の労働が強いられますから、常に気を張り続けた状態が続き、多大なストレスにさらされていました。

 

ですから、なるべく、自分でマッサージ店に通ったり、新しい趣味を探すなどと、気分転換の努力は欠かさないようにしたのです。

 

ストレスは、ある程度なければ、生活に”ハリ”が出ず、怠け者になってしまいますが、知らず知らずの内に溜まり過ぎて、うつになってしまうということも良くあるものです。

 

 

現状、仕事にストレスを感じやすくなっている方などは、先ほども紹介した運動を行ったり(運動には抑うつ効果があります。)、あまりやったことのない遊びなどを経験して、定期的に心のリフレッシュを行うようにしましょう!

最も強力な、体内デトックス方法!これで、EDは完全に治りました!

 

さて、これまで長い間、朝立ちの重要さと、朝立ちしない原因やその改善策等を見てきましたが、如何だったでしょうか?

 

やはり、心にグサッとくる、日頃の生活習慣が思い浮かんだのではないでしょうか?

 

実は、私も、EDを改善するまでは喫煙や暴飲暴食、運動不足など、何から何までダメダメで、最悪の健康状態でした!

 

でも、ある方法を試したら、一発で体が軽くなり、朝立ちが戻ってきたのです!

 

 

 

 

 

 

それこそが、断食です!

 

 

 

 

 

 

「えっ?断食?痩せるための?」

 

もしかしたら、あなたはこう思ったかもしれませんね。

 

勿論、断食には、痩せる効果もあるのですが、それだけではありません!

 

断食を行うことで得られる最大のメリットは、

 

 

「体内の老廃物を完全に外に排出して、血液のデトックス作業を行ってくれる!」

 

 

というものなのです。

 

 

 

先ほどから、私は何度も「血液が流れにくくなっているのが問題」ということを言い続けていたと思います。

 

その血液をサラサラにし、血液中に詰まった汚れなども掻き集めて排出してくれるのが、この断食なのです。

 


 

実は、これは、断食でも有名な鶴見先生が書かれた「男性機能を高める本」というものを参考にしたもので、本当に圧倒的な効果を実感することが出来ました。

 

ちなみに、実際にEDで悩まれていた男性の事例なども紹介されていましたが、他の方も同様に完全に回復されたようです。

 

相当な、威力があると思ってください!

 

 

なぜ?断食をすると効果があるのか?

 

そもそも、なぜ?断食には効果があるのでしょうか?

 

それにはまず、人間の体内にある、酵素の仕組みに関して知る必要があります。

 

実は、人間には酵素というものが存在しており、これを触媒にして、ほとんど全ての行動を促しています

 

酵素が無ければ、手を動かすことも出来ませんし、食事をすることも出来ません、息をすることすらも出来なくなってしまうのです。

 

云わば、酵素とは、車で言う所のバッテリーなのです。

 

 

 

で、その酵素ですが、大きく分けて二つの事柄に対して使用されています。

 

それは、消化酵素代謝酵素です。

 

名前から予想はつくとは思いますが、消化酵素とは、消化の際に使用される酵素のことで、代謝酵素とは、人間の代謝活動の際に使用される酵素のことです。

 

人間が一日に仕える酵素の量というのも決まっていますから、大体がこの消化酵素と代謝酵素に消費されると覚えておいてください。

 

 

 

人間がエネルギーを一番使用するのはどういう時か?と言いますと、実は消化をする時でして、酵素も、この消化の際に一番多く消費されてしまいます。

 

つまり、先ほどの一日に仕える酵素の消費量は決まっているのですから、消化酵素に大量の酵素を使えば、それだけ、代謝酵素に仕える酵素の量は減ってしまうのです。

 

代謝力が落ちてしまうと、血液の循環作用や、細胞の活動が低下し、人間の体内には、ドンドン老廃物が溜まってしまいます。

 

ゆえに、血液がドロドロになって、血管がつまりやすくなるのです。

 

 

 

もう、答えは分かりましたね!

 

そう、断食をすることで、体内で消費される消化酵素の量を減らして、代謝酵素の量を増やそうというワケです。

 

消化酵素の消費量が減って、代謝力が上がるわけですから、当然、体内の基礎力が大幅に上昇し、結果的に健康的な肉体になりやすくなります

 

 

 

年齢を重ねるごとに、酵素の量というものは減っていきますから、若いころと同じような食事の量を摂っていてはいけないんです!

 

特に、日頃から、暴飲暴食をしてしまう人は、食べる量を少しずつでも減らしていくようにしましょう。

 

 

 

具体的な断食の方法!

 

では、具体的に断食と言っても何をどのようにするのか?と言いますと、

 

朝ごはんを無くすだけの半断食と、

 

二日間何も食べない、二日断食

 

を行うことで、体内を改善していきます。

 

 

 

半断食の場合

 

まず、朝ご飯を無くすだけの半断食ですが、完全に食べなくする!と言ったよりかは、新鮮な野菜や果物をジュースにしたものを飲むようにし、朝ご飯と置き換えるのが半断食です。

 

ポイントは、完全に食べないのではなく、野菜、果物ジュースを飲むという所!

 

ただ食べないだけでは、必要な栄養素は取ることが出来ません!

 

やはり、ありとあらゆる栄養素の詰まった、天然100%の無添加ドリンクが必要となります。

 

勿論、自分で様々な果物や野菜を混ぜて作っても良いのですが、あまりにも手間とお金が掛かり過ぎますので、こういったモノは市販のドリンクを利用しましょう。

 

 

 

お勧めなのは、優光泉という、酵素ドリンクです。

 

優光泉

 

優光泉2

 

完全無添加で、60種類もの国産材料で作られています。

 

元々、断食ダイエットのための酵素ドリンクとして作られていますが、当然、断食専用に考えて作られているので、その栄養面はバッチリです。

 

味も美味しいですし、完璧な断食マニュアルもセットで付けてくれています。

 

断食マニュアル

 

断食マニュアル3

 

断食マニュアル2

 

1100mlで8,000円近くとやや高く感じるかもしれませんが、自分で野菜ドリンクを作るよりかは、はるかにコストパフォーマンスが良いですし、食事を一回抜く分、むしろ経済的にもお金が浮くようになります。

 

ちなみに、半断食だけでしたら、1100mlで一ヶ月持ちます。

 

是非、断食を考えているのなら、優光泉を試してみて下さい。

 

一ヶ月実践して、何も変化がないというのは、有り得ないと思います。

 

公式サイトはコチラ⇒

 

優光泉

 

二日断食の場合

 

さて、二日断食の場合は、半断食の場合と比べて、ちょとやり方が変わります。

 

さすがに、二日も断食をするので、準備期間と、復食期間を設けるのです。

 

これは、ちょっとずつ、お腹の減り具合に慣れていく目的と、より、効果的な好転反応が出やすくするためでもあります。

 

好転反応とは、断食をすることで、一時的に具合が悪くなったりすることで、体内の毒素を排出しようと、血液中に老廃物が乗ったことで引き起こされます

 

当然、毒素を排出しようとしている状況なので、良い状況です。

 

効果的なデトックス作用を得るためにも、必ず、準備期間と復食期間は設けてください!

 

 

具体的なやり方ですが、二日断食の前と後ろの食事を徹底的に減らして、胃に負担がないようにすることです。

 

例えばですが、私が断食した時の前後の食事はこのようなモノでした。

 

復食

 

御粥と梅干、味噌汁だけです。

 

他には、お芋や、ちょっとしたサラダ、果物などは良いでしょう。

 

とにかく、胃に負担をかけず、量を少なめに食べるのです。

 

特に、断食明けの食事には、味噌汁やドロドロに溶かした御粥で、十二分に消化の良さそうなモノに気を付けてください。

 

 

 

具体的な、断食中ですが、当然、酵素ドリンクは飲みます

 

先ほどの優光泉であれば、二日断食を行うのに、一本半くらいは必要となるでしょう。

 

ただ、二日分の食事代も減るので、コスト的には、そこまで掛かっていないと思います。

 

何より、たった二日の断食で、信じられないほど体が変化するので、試さない方が勿体ないと思います!

 

当然、二日断食の方法も優光泉のマニュアルには書いてありますので、詳しくはソチラを参考にしながら行ってみて下さい。

 

※優光泉のマニュアルでは三日断食が紹介されていますが、二日断食のやり方と同じ方法です。

 

優光泉の公式サイトはコチラ⇒

 

優光泉

 

 

断食中の注意点

 

断食は、体内の毒素を排出し、代謝力を向上させるのが目的なのですから、当然普段の食事には気を付ける必要があります。

 

肉や、油っぽいものは避けるようにし、野菜やお魚を中心に摂取するようにしましょう。

 

基本的に、和食を中心したメニューを思い浮かべて頂ければ、間違いはないと思います。

 

ただ、お野菜は、生と温かいものを5:5で食べるようにしてください。

 

生の野菜は酵素を含んでいるため、消化に負担をかけませんし、温めることでしか得られない栄養素というものもあります。

 

 

当然ですが、タバコやアルコールは厳禁です。

 

断食を始めると分かりますが、かなり食事などにも気を遣うようになります。

 

頑張って、タバコやアルコールを我慢しましょう!

 

折角、食事などに気を配っても、全てが水の泡となってしまいますよ。

 

何度も言うが、断食は最強のED改善方法!

もし、あなたが本当にEDを改善したり、体内の汚れを落としたりしたいと考えているのならば、酵素断食は絶対に試してみて下さい!

 

本当に信じられないほどの効果を実感できるはずです。

 

私も、完璧に朝立ちが復活し、普段の生活も元気そのものになりました!

 

体重も5kgほど減って、それからも自然に痩せていっています。

 

 

 

実は、断食の効果は、デトックス、ダイエットの他に、代謝力の向上があるんです。

 

そう、一度断食をやることで、元の基礎代謝力が向上し、断食を辞めた後でも、脂肪を燃焼しやすくなるんですね。

 

当然、脂肪だけでなく、血液の循環も代謝機能が向上したことで改善されています。

 

若いころのような朝立ちが復活するのが、何よりの証拠でしょう。

 

 

 

私は、昔は断食は僧侶の人だけがやるもんだと思って、このような健康面での大きな影響を得られるとは思ってもいませんでした。

 

しかし、EDになってから、意外な面で断食を知り、その強力な効果を知ることが出来ました!

 

是非、私が味わった感動をあなたにも味わってほしいと思いますので、良かったら、今回紹介した酵素断食をやってみて下さい。

 

大げさではなく、人生観すら変わるような体験が出来ますよ!

 

それでは。